C3 MetricsのViewable Impressionsへの取り組み

C3 Metricsは米国のクロスチャネル・アナリティクス・ツールベンダーですが、Viewable Impressionsについてのサービスを提供開始しており、そのウェブセミナーが予定されています。

Viewable Impressions
http://viewableimpressions.org/

——
Viewable ImpressionについてC3 Metricsは以下のように説明しています。

Historically, all server requests recorded by ad servers have been deemed impressions. However, the IAB, ANA and 4As have recently called for a “viewable impression” standard, which details that ads both fully load and enter into the viewable space on a consumer’s screen for at least one second.

歴史的に見ると、アドサーバーに記録される全てのサーバーリクエストは「インプレッション」とされてきましたが、IAB、ANA、4Asは最近「viewable impression」スタンダードを呼びかけています。これは、完全にロードされ、消費者のスクリーンの可視領域に最低1秒間と詳述したものです。

Based on these impending standards, C3 Metrics Labs has determined that 68 percent of all display ads served are never ultimately seen by consumers. This data also indicates that true click-through rates on banner ads are 179 percent higher than reported for marketers who are not taking viewable impression data into account.

これらの最近のスタンダードをふまえ、C3 Metrics Labsは配信されたディスプレイ広告の68%は結果的に消費者に見られていないと考えています。また、バナー広告の真のクリック率は、viewable impressionデータを考慮していないマーケターに報告されているよりも179%高いことを示すデータでもあります。
——

【ウェブセミナー予定】
Title: Viewable Impressions – The New Standard
Date: Tuesday, February 28th, 2012
Time: 1:00 PM – 1:30 PM EST
(日本時間ですと2012/2/29 3:00 – 3:30AMになります)

74-atori_wink.jpg
【アトリくんの視点】
ファーストビューになかったり、スクロールしても実際に見られないディスプレイ広告の取り扱いについては質問を受けることが多いです。今後の展開に注目です。ご興味ある方はウェブセミナーにサインアップしてみてはいかがでしょうか?

コメント