サーチファンネルについての解説

Inside AdWords に、先日行われたサーチファンネルについてのウェビナーの解説記事が出ています。

過去のアトリビューション関連ウェビナーへのリンクや、前回のウェビナー開催時に参加者から出た質問に丁寧に回答しています。

詳細はこちらから。

Search Attribution: AdWords Search Funnels – Inside AdWords
http://adwords.blogspot.jp/2012/06/search-attribution-adwords-search.html

57-atori_academic.jpg
【アトリくんの視点】記事中にある質問への回答はなかなか興味深いです。特に”Time lag”レポート(日本語では”期間”)と”History Window”(日本語では”履歴ウィンドウ”)の期間を60日や90日に延長して見るという考え方はとても参考になりますね。サーチファンネルを普段からチェックすることは少ないかもしれませんが、検索に特化した数少ない分析ツールなので、「コンバージョンの発生キャンペーンが多岐に渡る」「検討期間が長い商材」「コンバージョンはブランドワードばかりで一般ワードはクリック数は多いけど実績は少ない」といった場合に、次の一手のためのヒントが隠れているかもしれません。

コメント