【特別版】Attribution.jp 2012年を振り返る!

本年も、Attribution.jp を御愛顧いただきありがとうございました。
今回の記事は年末特別版として、2012年に Attribution.jp でご紹介した多くの記事をランキング形式で振り返りながら、2012年という激動の年を振り返っていきたいと思います。




まずは人気企画である「アトリビューション特別対談」のランキングです!

第1位 株式会社リクルート小川卓 ×アタラCOO有園雄一

130-rc_taidan4.jpg

第2位 MediaMind Technologies株式会社布施一樹・渡邉桂子×アタラCOO有園雄一(1/2)

107-mediamindatara.jpg

第3位 株式会社イプロス友澤大輔 × アタラCOO有園雄一

147-ipros01.jpg

第4位 株式会社朝日広告社酒井克明 ×アタラCOO有園雄一

134-sakai-san04.jpg

第5位 株式会社クロスリスティング治田耕太郎、岡野敬太、石橋由美子×アタラ有園

158-head.jpg

その他、多くの方々との対談企画がありました!(対談記事をまとめて読まれる方はこちらから)
どれも業界のトップランナー・キーパーソンとの対談です、お忙しいなかご協力ありがとうございました!来年度の対談企画も進行中ですので、ご期待ください。




続いては様々な企業様からアトリビューションに関する記事を寄稿いただく「特別寄稿」のランキングです。
※2011年に寄稿頂いたものも含め、2012年を通して人気を博していた記事をご紹介致します。


第1位 国産DSP「FreakOut!」が Google Analytics と連携

51-company_logo.jpg

第2位 ad:tech San Franciscoから~米国アトリビューション最新事情(クロスリスティング)

143-warukuma10.gif
144-logo_white_90.gif

第3位 第三者配信で活きるアトリビューションマネジメント – 最適化手法にみるエージェンシーの本質的価値とは(朝日広告社)

i-0eee7ac74a34a977b7eac9d8211c52b4-朝日広告社.png
98-20111025_2.jpg

第4位 朝日広告社のアトリビューション評価テスト結果報告

i-0eee7ac74a34a977b7eac9d8211c52b4-朝日広告社.png
i-74aecbfac99c5f3a8f500dcd21946e28-図13.jpg

第5位 電通レイザーフィッシュのアトリビューションの取り組み(1)

27-1-1.jpg
276-1-2.jpg





Attribution.jp は大変多くの方々のご協力によりアトリビューションの基礎から最新の情報、現場の生の事例をお届けすることができました。ご協力いただきました皆様には心よりお礼申し上げます。

Attribution.jp では対談・寄稿等にご協力いただける方をいつでも募集しております!
・貴社のアトリビューションの取り組みに関する寄稿
・アトリビューション分析事例のご紹介
・アトリビューションに関連するソリューションご紹介
・弊社有園とのアトリビューション特別対談
上記のいずれかにご協力いただける方はattribution[at]atara.co.jpまでご連絡お願いいたします。




最後に、ニュース記事やコラムのランキングです!

第1位 テレビのアトリビューション

第2位 Google商品リスト広告(PLA)でなぜアトリビューションが重要な位置を占めるのか

第3位 <速報>Yahoo! JAPANとMediaMindが第三者配信で提携

第4位 【イベント報告】MediaMind Insight概要レポート

第5位 朝日広告社、統合型マーケティングダッシュボード 「Attribution Dashboard」をリリース

振り返ってみると様々な記事がありました。また今年は ad:tech tokyo 2012 でも新たに「アトリビューション・マネジメント」をテーマにしたセッションが組まれ、公式カンファレンス人気&満足度セッションランキングでも第5位に入っています!(セッションのレポートはこちらでご覧いただけます。)

いかがだったでしょうか、ランキングにしてみると読者の皆様がどのようなジャンルに興味を持たれているのか少しだけ垣間見ることができ、大変勉強になりました。改めましてご協力いただきました皆様、ご覧いただいてる皆様、本当にありがとうございました。来年度もどうぞよろしくお願いいたします。

37-atori_pleasure.jpg
【アトリくんの感想】2012年は、アトリビューションが揺籃期から発展期に入ったと確信できた年でした。多くの方に興味をもっていただけただけでなく、実践につながってきた1年だったと思います。
2013年、Attribution.jp はアトリビューションの今を、より分かりやすく、理解を深めていただけるよう、より一層充実のコンテンツでお届けしてまいります!今後ともよろしくお願いします!
それでは、よいお年をお迎えください〜!

コメント