【国内コラム】2012年・2013年のディスプレイ広告市場に関するDAC取締役CTO徳久昭彦氏インタビュー(ExchangeWire Japanより)

ExchangeWire Japanが株式会社プラットフォーム・ワン 代表取締役社長CEO 兼 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)取締役CTOの徳久昭彦氏へインタビューを行った。テーマは「ディスプレイ広告市場について、2012年の振返りと、2013年の市場予測について」であった。

日本版、広告テクノロジー業界マップ2013(ディスプレイ広告)&2013年業界予測:DAC徳久氏インタビュー
http://www.exchangewire.jp/2013/02/06/display-landscape-jp-2013-dac-tokuhisa/

徳久昭彦氏によると、2012年はリスティング広告にくらべ、ディスプレイ広告が台頭してきた。特にDSPやRTBなどデータを使っている広告では感覚値でいうとおそらく倍以上伸びたのではないか。その中でデータがとても重要であるが、データオーナーが誰であるのかが分からない状況を危惧しており、社内で責任を持ってデータを管理する人材の確保が難しく重要であると述べている。社内だけでなく、専門家という意味で独立系のコンサルティング会社にもそれらの人材を期待するべきだという。
さらに徳久氏が一番注目するのは動画コンテンツで、PCとスマートフォン、タブレットも含めて動画を活用してコンテンツがリッチ化されることを期待しているという。

そして、2013年のDACの注力ポイントとして、データを活用できるようなプラットフォームや、もっとしっかりしたアトリビューション分析サービスをご提供していきたいと述べる。バナーとリスティングだけのアトリビューションだけだと評価しにくく、バナーとリスティング広告の間にはたくさんのエンゲージメントを高めているコンテンツが本来あるはずで、そこをノーカウントでリスティングとバナー広告で効果を測定するのはおかしいと指摘する。

最後にデジタル広告の場合、トライ&エラーが可能でクライアントの商品やサービスそれぞれの特徴によってフィットする場合とそうでない場合を見極め使った上で効果をみることを推奨している。さらに、テックプロバイダーっていう立場から、プロバイダーはどんどんテクノロジーを磨いて進化させているつもりでいるため、テクノロジーの善し悪しを早計に考えないで、どんどん問題点をフィードバックし、一緒に育てて進化させることが重要だと締めくくった。

詳しいインタビュー記事は上記のリンクより確認してほしい。
リンク先には『広告テクノロジー業界マップ』も掲載されている。

コメント