ニュース

【News】GIZMODOとライフハッカーにおけるタイアップ広告の貢献度分析がWeb担当者Forumに掲載

ADEBiS等の広告効果測定システムを提供している株式会社ロックオンの足立愛樹氏によるコラムがWeb担当者Forumに掲載されました。テーマは、「純広告」ではない「タイアップ広告(記事広告)」の貢献度をどのように可視化しているかということです。GIZMODOとライフハッカーに出稿した企業様のご協力のもと、実際の数字を使って具体的に解説されています。

メディア掲載のタイアップ広告のコンバージョン貢献度は? GIZMODO&ライフハッカーのコンテンツアトリビューションを徹底分析

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/05/24/15180

分析の結果としては、「CVの比率はクリックスルーCV(21%)に対しビュースルーCV(79%)とビュースルーCVが大きく上回っていました」ということと、長期の分析の結果長期検討層であったユーザーが1ヶ月以上の潜伏を得てCVに貢献していたことや、公開後も継続的に検索エンジン中心に集客ができることから、「記事広告は各媒体の特徴に合わせ、短期、長期的視点での顧客エンゲージメント*向上を得意としたメニューである」という結論が出されていました。

*顧客エンゲージメント—-企業、商品やブランドに対する消費者との深い関係性のこと。

計測の条件と設定・直接CVと間接CVの数値から見る各媒体の特徴・メディアと読者層の違いから見えた媒体の特徴・2媒体同時掲載による相乗効果・長期間の分析etc…非常にボリュームのあるエントリーになっています。
詳しい内容は上記リンクよりご確認ください。

41-atori_banzai.jpg
【アトリくんの視点】記事広告からのCV(コンバージョン)586件を、クリックスルーCVとビュースルーCVに分解しているのはとても重要ですね。記事広告に接触していないユーザーからのCV数と比較すると、この586件がどのくらいの大きさなのか気になるところです。また、記事広告以外の広告やSNS、自然検索などとの組み合せの中で、記事広告がどのような価値を発揮しているのか(リーチを拡げているのか、CVRを高めているのか、コスト効率をよくしているのか、など)についても、今回の貴重な分析結果を礎にして、さらに掘り下げていきたくなりますね。期待しています!

コメント

【国内最新情報】スケールアウト、流入キーワード別ターゲティングを実現するSearch eXtension(β版)をリリース

スケールアウトは2月6日、検索サイトから広告 主サイトへの流入キーワード別にユーザーを分類し、キーワード毎にターゲティング可能なサービス 「Search eXtension(サーチエクステンション)β版」の提供開始することを明らかにした。同社の広告配信プラットフォーム「ScaleOut Ad Platform」から提供される。

ScaleOut Ad Platformは、DSP/DMP/タグマネージメント/アドサーバー/第三者配信(3P AS)等を統合したプラットフォーム。

従来のユーザーターゲティングは訪問ページをベースに分類しているが、訪問ユーザーのニーズは把握しづらく、ターゲティング精度にも課題はあった。今回提供するSearch eXtensionでは、ユーザーが広告主のサイトに流入した際の自然検索および検索連動型広告のキーワード情報を取得し、キーワードごとにユーザーを分類した上でターゲティングを実現。

Search eXtensionではキーワードごとにユーザーを分類するため、例えば成約の見込み度合いの高いキーワードのユーザーに優先して広告を配信することが可能になるという。

2月11日より、ScaleOut Ad PlatformのDSPサービスにて利用可能で最低入札単価は1円。登録可能な検索キーワードは最大5000件となっている。

その他詳細は以下のURLを参照。

DSP経由でのディスプレイ広告の検索ワード・ターゲティングに特化したSearch eXtensionサービス提供開始
http://www.scaleout.jp/pr2255/

41-atori_banzai.jpg
【アトリくんの視点】久しぶりのアトリくんです!なるほど〜。これはおもしろい仕組みですね。「従来効果の可視化が難しかったView CV(バナー広告をクリックせず、閲覧した後にCVしたユーザー)は検索連動型広告側の同キーワードのCVRへの影響を与えるため、その影響度合いを見る事によりDSPの貢献を判断する事が可能となります。」→ここですよね。アトリビューションにおいても、より最適化をしやすくなると思われますし、リスティング広告従事者がやりやすい形を取っているため、代理店も取り組みやすいと思われます。よく考えてますね。

コメント

【講座】TATEITO社アトリビューション分析入門講座(2012/12/4予定)

受講締め切りは11/30。
——————————–
TATEITO株式会社のアトリビューション入門講座が開催予定。

<講座概要>
講座名      :アトリビューション分析入門講座
講師:      :アタラ合同会社 取締役COO 有園雄一
開催日      :12/4 (火) 19:30-22:00
主な教育手法   :講義、ワークショップ
実施場所     :東京23区内(渋谷、恵比寿近辺を予定)
募集人数     :50名 ※先着順
金額       :20,000円/人(税抜) ※税込価格21,000円
→ペア割り:2名1組お申込の場合は30,000円/組 ※税込価格31,500円
申込方法     :下記URL参照

TATEITO マナビト アトリビューション分析入門講座
http://tateito.co.jp/manabito_attribution_1204/

コメント

【US最新動向】LiveRampとAdometryがパートナーシップを発表:オフラインデータのオンライン活用を実現へ

LiveRamp and Adometry Bring Offline Data to Online Measurement for Marketers
http://www.marketwatch.com/story/liveramp-and-adometry-bring-offline-data-to-online-measurement-for-marketers-2012-11-08

クロスチャンネルアトリビューションの大手AdometryがLiveRampと戦略的提携を2012/11/08に発表。
企業のオンライン広告に対するオフラインデータの活用を可能にするための提携である。

LiveRampとAdometryの提供するAdometry Attributeの連携により実現するオンラインデータ・オフラインデータをマッチングさせる強力なソリューションはマーケティング担当者に最適化の向上が見込めるオンラインの購買だけでなくクロスチャンネルの総合的な購買も確認できるようにする。

Booyah Advertisingの社長であるTroy Lerner氏は「時折消費者はオンラインの広告やメールをみて、携帯をもち、お店にいき買い物をする。そのためオンラインでもオフラインでもコンバージョンに至る広告キャンペーンの効果を全体的に理解することは産業の発展のためにも重要である。そうすることで広告主は多様なタッチポイントで広告の受け手がどのように反応するかをよりいっそう認識することができる。」と述べている。

LiveRampは購買履歴やダイレクトメール、Eメール広告、ロイヤリティ、CRMデータなどの価値あるオフラインデータをオンラインに活用していく。
Adometryは小売、旅行、金融、自動車などを含む集約的なデータを持つ大手情報サービス提供者とのパートナーシップをもっている。
両社の提供するソリューションはマルチチャンネルマーケティングの広告活動をより予測に長けた、精密で、効果のあるものにする。

LiveRamp CEOのAuren Hoffmanは「オンライン広告にお金が使われれば使われるほど、実際にはオフラインで購買が多く行われていく。そのためにオフラインのデータをオンラインに持ち込み、アトリビューションのエンジンに組み込めば大変な価値を生む。」と語った。

Adometry CEOのPaul Pellmanは「我々の顧客はキャンペーンチャネルを適切なものにするため、しっかりとコンバージョンセールスに貢献するオフラインデータを利用して統一的なソリューションにアクセスすることに興奮を覚えている。さらに、我々の第三者配信や産業に特化したデータパートナーシップを利用すればソリューションはより強力になる。そうすることでマーケティング担当者は完璧なデータをもとにキャンペーンを最適化することができる。」と述べた。

adometry
http://adometry.com/
LiveRamp
http://liveramp.com/

コメント

【リリース】第三者配信(3PAS)によるDSPその他オンライン広告の配信と成果一元化、構築運用およびアトリビューション分析支援のパッケージ「AD-MAC(TM)」の提供開始について

<企業リリース>
第三者配信(3PAS)によるDSPその他オンライン広告の配信と成果一元化、構築運用およびアトリビューション分析支援のパッケージ「AD-MAC(TM)」の提供開始について

株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:横山隆治 以下 DI.)は、 標榜する「マーケティング・コンソリデーション」について、アタラ合同会社(本社:神奈川県横 浜市 代表取締役 CEO:杉原 剛 以下アタラ)と共同で取り組む、第三者配信(以下、3PAS)に よる DSP その他オンライン広告の配信と成果一元化、構築運用およびアトリビューション分析支 援パッケージ「AD-MAC(アドマック)」(ATARA & DIGITAL IINTELLIGENCE MARKETING ATTRIBUTION CONSOLE)の提供を開始します。

「マーケティング・コンソリデーション」は、3PAS によるオンライン広告のプランニング評価、 プロジェクト管理、必要なスキルセットを持つプロフェッショナルのアサイン、ツールに対する目 利きと意思決定支援を包括するサービスです。この「マーケティング・コンソリデーション」サー ビスの中核を担うのが、分析のための仕組み構築支援、必要なオペレーションサービス、アトリビ ューション分析および改善活動に対するサポートをパッケージにした「AD-MAC」です。

「AD-MAC」で提供するサービスは以下の通りです。

192-ad-mac.jpg

① 上記全体ソリューション導入にあたっての課題の整理とゴールおよびKPI策定、第三者の立場でツール選定および仕組み構築のサポート
② DSPターゲティング設定/入札+3PAS運用代行等オペレーションサービス提供
③ アトリビューション分析およびリ・アロケーションサービスの提供と改善活動に対するコミットメント

オンライン広告の最適化に加えて、先般リリースしました広告とコンテンツを連動させたアトリビューションマネジメント、またオフラインデータ、WEBサイト上のアクティビティデータおよびCRM領域のデータをマージし、事業主と顧客双方のベネフィットを生み出すための仕組み作りや取り組みに対してサポートして参ります。

【アタラ会社概要】 http://www.atara.co.jp/
社 名:アタラ合同会社
代 表 者:杉原 剛(代表取締役 CEO)
所 在 地: 神奈川県横浜市青葉区元石川町 3712-12-D 設 立: 2009年9月10日
事業内容:
1.ソリューション事業: 広告・マーケティング業界向けの自動化・効率化のためのテクノロジー・ソリューション開発 2.カスタマー/コンサルティング事業: リスティング広告運用体制構築支援コンサルティング、アトリビューション分析コンサルティング
(広告キャンペーン全体最適化の解析コンサルティング)

【DI.会社概要】http://di-d.jp/
社 名:株式会社デジタルインテリジェンス
代 表 者:横山 隆治(代表取締役)
所 在 地:東京都渋谷区恵比寿西 1-32-16 COMBOX 4F
設 立:2009 年 10 月 30 日
事業内容: 総合デジタルマーケティング・コンサルティング業務
・デジタルマーケティングコンサルティング ・広告テクノロジーコンサルティング ・デジタルマーケティング組織コンサルティング ・経営コンサルティング ・デジタルスキル育成コンサルティング

この件に関するお問い合わせ: 株式会社デジタルインテリジェンス 横山・鹿毛・楳田 email:info@di-d.jp
Tel:03-6416-9879

AD-MAC 紹介資料:http://di-d.jp/solution/index.html


コメント

<リリース>Fringe81のdigitaliceが計測機能を大幅拡張

Fringe81、第三者配信アドサーバー「digitalice」の計測機能を大幅拡張と発表。

1. ヴァージンユーザー計測機能
2. マルチパラメータ付与機能
3. レコメンデーションバナー計測機能
4. アドベリフィケーション連携機能

どれもアトリビューション分析には影響もあり役立つ機能。

Fringe81、第三者配信アドサーバー「digitalice」の計測機能を大幅拡張
~ヴァージンユーザー、マルチパラメータ、レコメンデーションバナー計測、 アドベリフィケーションに対応~
http://www.fringe81.com/detail.php?id=34

digitalice
http://www.fringe81.com/service/digitalice.html

46-atori_surprise.jpg
【アトリくんの視点】怒濤の機能ラッシュ。Fringe81さんらしいですねぇ。どれも本当にアトリビューション分析を深掘りするには役立ちますが、アトリくんの個人(個鳥?)的な興味はヴァージンユーザーとレコメンデーションバナー計測ですね。どんなデータが出てくるか見てみたいです。事例お待ちしております!digitaliceのうさぎさん、今度コラボしましょうw

コメント

XaxisがFacebook Exchange対応のアトリビューション分析ソリューションを発表

先日9/13に正式リリースされたFacebook Exchange(FBX)。アドエクスチェンジプラットフォームを提供するにあたりフェイスブックが業務提携したDSP業者のひとつであるXaxisが、FBXに対応する包括的な広告購入・分析ソリューションを開始した。これに伴い、Xaxisのクライアントは、フェイスブックのサイト全体に対するアトリビューション情報を得ることができるようになる。

Xaxisによるプレスリリースはこちらから。
http://www.xaxis.com/news/view/xaxis-fbx-release

Facebook Exchange(FBX)の詳細はこちらから。
https://www.facebook-studio.com/fbassets/resource/66/FacebookExchange20120913

コメント

ガジェット情報ブログの「ギズモード・ジャパン」記事広告を対象に効果測定、アトリビューション分析を実施

「ギズモード・ジャパン(Gizmodo)」の記事広告の効果を可視化する取り組みとして、特定の記事広告を経由したコンバージョンパスデータを分析した結果が公開されている。

※ギズモード・ジャパン
http://www.gizmodo.jp/

ニュースリリース
http://www.lockon.co.jp/release/2803/

分析結果の紹介ページ
http://www.mm-lab.jp/article/599/

57-atori_academic.jpg
【アトリくんの視点】
記事広告を経由したコンバージョンパスデータを分析したケースとして注目してみました。ニュースリリースや分析結果の紹介ページだけでは「ビュースルーコンバージョン」「直接効果」「間接効果」といった用語の定義・使われ方や数値に若干不明な点がありますが、「非常に効果的な記事広告であったと言えると思います」と結論づけられています。昨年から、記事広告やバナー広告のアトリビューション分析に注目し、導入し始めているメディアが増えてきているという事実は、一方的なメディア視点ではなく広告主視点で自社の広告メニューを見ることがより一層求められていることを示していると思われます。そして広告主が描く全体シナリオの中の一メディアとして適切なソリューションをタイムリーに提示できるかが今後は重要になりそうです。

コメント

モバイル&ソーシャルWEEK2012のアトリビューション パネルディスカッション

2012年7月25日に開催された「モバイル&ソーシャルWEEK2012」(日経BP社主催)の「アトリビューション」をテーマにしたパネルディスカッションのレポート。

米国のCMOはスーパーマン、日本はチームでそれを担保し、データオリエンテッドな企業文化を構築する必要がある【モバイル&ソーシャルWEEK2012レポート】(MarkeZine)
http://markezine.jp/article/detail/16206

【モデレーター】
アタラ合同会社 COO 有園雄一

【パネリスト】
株式会社デジタルインテリジェンス 横山隆治氏
株式会社博報堂 宮腰卓志氏
株式会社リクルート 小川卓氏

コメント

FacebookがAdometryのタグを認定

アトリビューション分析ソリューションベンダーであるAdometryのAdometry Attributeプロダクトの計測タグの組み込みがFacebookに認定された模様。

現時点ではプレミアム広告枠のみに適用可能。セルフサービス型広告、API経由は未対応。

詳細はこちらから。

Facebook Opens Gate to Attribution Firms, Grants Adometry Certification
http://www.adexchanger.com/social-media/facebook-opens-gate-to-attribution-firms-grants-adometry-certification/

57-atori_academic.jpg
【アトリくんの視点】以前Facebookはベータ版で自前のコンバージョントラッキング機能がありましたが2010年にサービス終了しました。FacebookはFB内にユーザを滞在させることが重要で外部との連携には時期尚早と考えたのではないかという見方でした。それから長く広告効果測定においてはクローズドな印象でしたので、今回は部分的とはいえ思い切った取り組みではないかと思います。セルフサービス型広告への展開、広告以外のearned/owned部分を含めたアトリビューション分析まで発展することを期待したいです!

コメント