予測分析

Adometryがメディア配分の予測ツール Media Modeler™ をリリース

154-Adometry_Logo.png

Adometryのリリースが続いています。

前回のテレビのアトリビューションに続いて、広告キャンペーンの変更によって訪問数やコンバージョン数などの指標がどのように変化するのかを予測するツール、Media Modeler™ をリリースしました。

Industry Leader Adometry® Launches Advanced Attribution-Based Media Modeler for Online Marketers

プレスリリースでは、今回の予測ツールの登場によって、広告キャンペーンについて行った最適化アプローチが、リーチや訪問数、コンバージョン数を含めたさまざまなKPIにどんな影響があるかをモデル化することができ、広告主がメディアの配分や調整を行う際の意思決定の一助になるだろうと伝えています。

Media Modeler™ には以下の機能が含まれているようです。

キャンペーンのインパクトレポート
キャンペーンの変更がどのようにKPI に影響するのかを瞬時にレポートする機能
ECPA分析
過剰投資を避けるための、効果的なCPA(eCPA)の識別機能
メディアプラン最適化
最適なメディア配分を決めるために Adometry Attribute™ の結果を組み合わせる機能

74-atori_wink.jpg
【アトリくんの視点】Adobe Digital Marketing Summit でも予測分析の話がされていたとおり、現状分析から得られた知見を予測分析に活かしていく流れは既定路線ですね。今後、日本にも徐々にしていく流れになるのではないでしょうか。今後も注目のトピックですね!

コメント

Adobe、予測マーケティングソリューションを発表

アドビがpredictive marketing(予測マーケティング)ソリューションを発表。

Adobe Digital Marketing Suite、予測マーケティングによりビッグデータに対応

74-atori_wink.jpg
【アトリくんの視点】
predictive marketingはここ数年とても地味に語られ取り組まれてきたと思います。ビッグデータが盛り上がる中、それはなぜかというと企業と消費者の接点となるメディアやデバイスが多様化しデータが引き続き大爆発しつつ、競争環境はますますスピード勝負になり厳しさを増す中、勝つため(というか生き延びていく上で)意思決定を少しでも正確に、容易にするため、そのための判断基準が未来を予測したpredictiveなものになるのは自然の流れです。アトリビューションは現在でも過去のデータからモデルを作り、次にプランニングするキャンペーンのリターンを最大化するためのシミュレーションを行うという意味ではすでにpredictiveな取り組みではあるのですが、より大量のデータ、多くの変数をもってダイナミックに、かつ見える化された形で意思決定支援するフレームワークを有しているのがこのソリューションの特長かと思います。そしてやはり米国がリードする形でこの方向に向かいつつあります(しかもこの予測分析の結果の後の実際のアクションについても自動化できるプロセスは自動化してしまうという取り組みも開始しています)。
あ、あと、タイトルはビッグデータが目的になってしまっているので「Adobe Digital Marketing Suite、ビッグデータ対応により予測マーケティング機能を実装」とかのほうがしっくりきます。

コメント