LiveRamp

【海外コラム】オフラインアトリビューションの今!

Marketers, Offline Attribution is Finally Here!
https://blog.liveramp.com/2013/03/07/marketers-offline-attribution-is-finally-here/

2012/11にAttribution.jpでも取り上げたAdmetoryとパートナーシップを結んだオフラインデータをオンラインにつなぐ企業であるLiveRampがオフラインアトリビューションの現状と有用性について解説している。その中から4つのポイントを紹介したい。

1.オフラインアトリビューションがなぜ必要か
Eコマースが進んできているとはいえ、まだまだ購買の90%はオフラインで行われている。そうした中で、オフラインのデータをアトリビューションモデルの中に組み込まない限りオンラインの広告キャンペーンがオフラインの購買につながったということを証明することはできない。

2.オフラインアトリビューションがどのように機能するか
オフラインのアトリビューションは実店舗の会計処理情報を広告のインプレッションと結びつけることで完成させることができる。そしてオフラインデータをオンボードするにはEメールや郵便番号等のデータを実店舗の会計処理と結びつける必要がある。多くの小売店が購買とポイントカードやそれに似たシステムを通じ、Eメールや郵便番号等のデータを結びつけることができるからである。

3.アトリビューションを行う上で大切なこと
アトリビューションをより正確に行うには、多くの消費者に向けて広告を打ったとして、ある人が購買を決定したという事実や理由がほかの購買者の理由になるわけではない。アトリビューションはなるべく小さいレベルで分析が行われていることを確認しなくてはならない。広告自体は広く大きく行い、アトリビューションは細かく、個々に行うべきなのだ。

4.なぜオフラインアトリビューションに真剣になる必要があるのか
・オンラインのコンバージョンを意識した広告を打ってもオフラインのコンバージョンにつながるとは限らない。(クリックを意識したものは特にそう言える。)
・オフラインアトリビューションでは実店舗での購買であってもA/Bテストやコントロールグループを行うことができる。
・オフラインアトリビューションはオンライン広告の本当のROIを測ることができる。

74-atori_wink.jpg

【アトリくんの視点】アメリカではオフラインのアトリビューションが段々と発展してきていますね。日本でも様々な試みとともにこれからどんどん進化し、行われていきそうです。楽しみですね!

コメント

【US最新動向】LiveRampとAdometryがパートナーシップを発表:オフラインデータのオンライン活用を実現へ

LiveRamp and Adometry Bring Offline Data to Online Measurement for Marketers
http://www.marketwatch.com/story/liveramp-and-adometry-bring-offline-data-to-online-measurement-for-marketers-2012-11-08

クロスチャンネルアトリビューションの大手AdometryがLiveRampと戦略的提携を2012/11/08に発表。
企業のオンライン広告に対するオフラインデータの活用を可能にするための提携である。

LiveRampとAdometryの提供するAdometry Attributeの連携により実現するオンラインデータ・オフラインデータをマッチングさせる強力なソリューションはマーケティング担当者に最適化の向上が見込めるオンラインの購買だけでなくクロスチャンネルの総合的な購買も確認できるようにする。

Booyah Advertisingの社長であるTroy Lerner氏は「時折消費者はオンラインの広告やメールをみて、携帯をもち、お店にいき買い物をする。そのためオンラインでもオフラインでもコンバージョンに至る広告キャンペーンの効果を全体的に理解することは産業の発展のためにも重要である。そうすることで広告主は多様なタッチポイントで広告の受け手がどのように反応するかをよりいっそう認識することができる。」と述べている。

LiveRampは購買履歴やダイレクトメール、Eメール広告、ロイヤリティ、CRMデータなどの価値あるオフラインデータをオンラインに活用していく。
Adometryは小売、旅行、金融、自動車などを含む集約的なデータを持つ大手情報サービス提供者とのパートナーシップをもっている。
両社の提供するソリューションはマルチチャンネルマーケティングの広告活動をより予測に長けた、精密で、効果のあるものにする。

LiveRamp CEOのAuren Hoffmanは「オンライン広告にお金が使われれば使われるほど、実際にはオフラインで購買が多く行われていく。そのためにオフラインのデータをオンラインに持ち込み、アトリビューションのエンジンに組み込めば大変な価値を生む。」と語った。

Adometry CEOのPaul Pellmanは「我々の顧客はキャンペーンチャネルを適切なものにするため、しっかりとコンバージョンセールスに貢献するオフラインデータを利用して統一的なソリューションにアクセスすることに興奮を覚えている。さらに、我々の第三者配信や産業に特化したデータパートナーシップを利用すればソリューションはより強力になる。そうすることでマーケティング担当者は完璧なデータをもとにキャンペーンを最適化することができる。」と述べた。

adometry
http://adometry.com/
LiveRamp
http://liveramp.com/

コメント