Magnetic

最も効果的なアトリビューションモデリングとは?Attribution Revolution@NYCのディスカッション動画

先日2012年9年19にNYCにて行われたイベント「Attribution Revolution」。

Google,C3 Metrics,Adobe, Adometryのパネリストたちにより行われた1時間にわたる全ディスカッションの模様が動画で公開されている。

Attribution Revolution 2012
http://www.magnetic.com/attribution-revolution/

1時間にわたるパネルの議題は「もっとも効果的なアトリビューションモデリングとは?」。各社それぞれのアトリビューションモデリングに対する意見交換をした上で、どんなモデルがもっとも効果的であるか、白熱した議論が行われている。中でもオフラインのメディアをどう測定するか、という点は大きなトピックスとして議題に上る形となっっている。

本イベントでは事前にパネラーへの質問も受け付けていたが、こちらでもオフラインに関する関心度は高く、スマートフォンやオフラインのアトリビューション分析についてのディスカッションも行われ、スマートフォンを通じてオフラインメディアとオンラインメディアを繋ぐ一例としてQRコードが取り上げられている。

———————————————–
開催日時:
2012年9月19日 7:00pm-8:00pm

【The Attribution Revolution Panel】
モデレーター:
James Green, CEO, Magnetic

パネリスト:
Bill Kee, Product Manager, Google
Jeff Greenfield, COO & Co-Founder, C3 Metrics
John Bates, Product Manager for Predictive Marketing Solutions, Adobe
Paul Pellman, CEO, Adometry
———————————————–

コメント

サーチ+ディスプレイ+アトリビューション=透明性

Search + Display + Attribution Modeling = Transparency (MediaPost)
http://www.mediapost.com/publications/?fa=Articles.showArticle&art_aid=146958

ディスプレイ広告のリターゲティングプラットフォームを提供するMagneticとアトリビューションマネジメント専用プラットフォームを提供するC3 Metricsが提携。来月にも具体的な提携の内容を発表するという。

Magneticのプラットフォームは、サーチクエリーのデータを活用、CTRやCPAなどのROI指標を分析し、コンテキストとキーワードを自動的に考慮し、ディスプレイ広告キャンペーンの最適化を行うものだ。つまり、「携帯電話」などのキーワードであるユーザが検索したら、エレクトロニクス関係のウェブサイトに広告配信を行う。いわゆるサーチリターゲティング。今回はこれにアトリビューションの要素が加わるものだ。

現在テストをしている20数社のクライアントのキャンペーンでは、クライアント平均に対しては、平均で74%のCTR増、325%のROI改善を見ているという。

6-atori.jpg
【アトリくんの視点】
サーチリターゲティングとアトリビューション。様々な広告テクノロジーにアトリビューション要素が加わってきています。アトリビューションの考慮は当たり前のものになりつつあります。

コメント